満65歳以上の方を対象にした「サポカー補助金」のご案内。

2020年3月9日から申請受付を開始しています。

令和元年度中に、満65歳以上となられた方が対象です。

「サポカー補助金」は、「安全運転サポート車の車両(新車・中古車)購入補助」と、「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置の導入補助」の2種類の補助制度で構成されます。マエダはサポカーの販売も行っておりますし、後付け装置についても認定を受けた取扱事業者です。どちらの場合も補助金申請のお手伝いをさせていただくことが出来ます。このページでは簡単ではありますが、「サポカー補助金」について、ご案内いたします。

 

補助対象者は

・令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者
※事業用自動車については、令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者。
※後付け装置については、令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者に後付け装置を販売する者であって、「後付け装置取扱事業者」として認定を受けた者が申請を行う(マエダなら松原整備センター)。高齢運転者本人(お客様)は、後付け装置の設置に要する費用から補助金分が控除された額をお支払いいただきます。
 

補助制度の内容と補助金額

① 「対歩行者衝突被害軽減ブレーキ」および、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」を搭載する車をご購入の場合。

登録車 10万円
軽自動車 7万円
中古車 4万円

 

② 「対歩行者衝突被害軽減ブレーキ」を搭載する車をご購入の場合。

登録車 6万円
軽自動車 3万円
中古車 2万円

 

③ 「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置」のご購入と取り付けの場合。
※後付け装置の補助金の申請は、「後付け装置取扱事業者」として認定を受けた松原整備センターが行います。

障害物検知機能付 4万円
障害物検知機能なし 2万円

 
 

マエダは後付け装置の販売と取付けについて、認定を受けた取扱事業者です。

お客様の補助金の申請から交付までを、マエダがお手伝いいたします。
補助金を受けるための条件(対象車種・製品等)や申請手続きにつきまして、ご不明な点やご質問などございましたら、お電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。