最終更新日 2021年4月26日

破れてしまったドライブシャフトブーツの交換です。

ブーツを外して、中のグリースを掃除、注油をして新しいブーツを接合しました。

ドライブシャフトブーツの素材はゴムでできているものが一般的で、使用しているうちにゴムの劣化によって破れてしまいます。ブーツの一部が破損すると、ベアリング部分などにゴミが入り、正常に動作しなくなってしまいます。

ドライブシャフト

ドライブシャフトは、エンジンの動力をタイヤに伝える部品です。ドライブシャフトとタイヤの間にはジョイント部があり、ハンドル操作でタイヤが左右に傾いても、ドライブシャフトの回転力をタイヤに伝えることが出来ます。ジョイント部には回転を円滑にするためにベアリングが用いられており、潤滑するためにグリースが充填されています。

 

ドライブシャフトブーツ(今回は、分割式ドライブシャフトブーツを使用)

ドライブシャフトブーツはジョイント部のグリースが外に漏れないようにするのと、路面等の異物(ホコリ、石、水等)が混入するのを防ぐ役割をしています。素材はゴムでできているものが一般的です。ハンドルを切ることにより伸縮を繰り返すため、時間と共にゴムは劣化し、破損しやすくなります。ひび割れ等が発生したまま使用し続けると、グリース漏れや異物の混入でベアリングやシャフトの破損につながる場合があります。ブーツは定期点検時に亀裂、ひび割れや、グリース漏れが発生していないかをチェックし、異常があれば交換することが大切です。

 

整備士・竹本の「作業コメント」です。

今回使用したのは分割式ドライブシャフトブーツ(通称:割ブーツ)です。シャフトを取り外さなくても交換・接合が可能なブーツで、タイヤを外せば直ぐ作業に執りかかれます。作業時間が短縮されますので、工賃の節約にもつながります。現在主流の分割式ドライブシャフトブーツは、耐久性が高くなっていますので、自動車整備工場で取り付けをしていただければ、安心してお車にお乗りいただけます。

 
 

この度もご入庫いただき、ありがとうございます。

これからも安全に走っていただく為に、しっかりと作業させていただきました。

(松原整備センター・整備士:竹本)